医学部受験の為の予備校の比較について

医学部 予備校の比較ポイント
学費
指導方法
授業スタイル

その他の知識
費用を減らす方法

■その他--できるだけ費用を減らす方法

しかしこれらの事柄を比較しても、専門の所で勉強をしたいと考えても費用の高さがネックとなり、なかなか踏み出せないといった方もいらっしゃいます。そこでその負担を軽減する為に、特待生制度を用意している所も多く存在しています。

一般的な基準としては、選抜試験において全科目が合格基準を満たせれば年間費用を50万円免除などであり、これらを積極的に利用する価値は大いにあると言えます。

ただこれらの特待生制度も予備校によってその有無も基準も変わってくる為、事前の確認が必要になります。また学校によっては予備校を経て合格する事により、奨学金が発生するといった制度を用意している所などもあり、想像以上に奨学金制度も多岐に亘り用意されていると言えます。

いずれにしても医学部受験をするにあたって、どういった形態の学校を選び、受験への準備をしていくかは個人の適性なども含め、重要課題であると言っても過言ではありません。まずは自分で足を運び、自分の目でどういった学校にて受験勉強をしていくのかを選択し、受験勉強における環境作りをする事が求められると言えます。


医学部に特化した予備校比較サイト
医学部 予備校 比較サイト
東京でおすすめの予備校まとめ